樹脂成形部品、ダイカスト成形(鋳造)部品製造と加工部品調達・販売のシンコー精機

株式会社 シンコー精機

0983-33-3033
電話受付時間 平日 8:00〜17:00

会社沿革

HISTORY

シンコー精機
グループ沿革

昭和56年前身である鈴木工業と㈲第一エンジニアリングを統合合併し、㈱シンコー精機(資本金920万円)を設立。
小型継電器(リレー)の組立、自動車電装品の製造開始。

シンコー精機の創業者、鈴木俊明が㈱ホンダロック在職中の写真。(右)ホンダロック創業者 本田宗一郎 氏(左)鈴木俊明 創業者のモノづくりにかける熱意は、現在も受け継がれています。
昭和57年ダイキャスト、プラスチックモールド用精密金型の設計、製作を開始。
昭和59年金型部門を分社化し㈲シンコーエンジニアリングを設立。
昭和62年精密プレス、精密プラスチック成形、コイル巻線部門に進出し、小型継電器(リレー)の一貫生産を開始。
金型製作を行っていた、(有)シンコーエンジニアリングですが現在は、精密加工部品製作を実施しています。
昭和63年高度精密機械加工部門を分社化し㈲エスジーケイを設立。
平成3年㈱エスジーケイに社名組織変更。資本金2,000万円。
平成5年㈱シンコー精機の資本金を6,000万円に増資。㈱エスジーケイでは、㈱デンソー宮崎(旧 宮崎アスモ㈱)の自動車関連の省力化設備製作を主業務としていました。現在では、宮崎富士通コンポーネント㈱の省力化設備製作を中心に、様々な業界の設備製作を行っています。
平成10年㈱エスジーケイの自動省力化設備の一貫体制部門を新富工場に設置。
平成12年日南市に㈱シンコー精機・日南工場を進出。リレー部門の集約、生産体制を強化。
平成14年㈱シンコー精機の出資で香港に新科精機有限公司を設立。人工透析用カテーテル部品は、平成18年に生産を開始してから、現在に至るまで15年以上にわたり、生産を続けています。日々、安心安全なモノづくりを心がけ、お客様満足の向上を目指しています。
平成18年人工透析用カテーテル部品の医療樹脂成形を開始。
㈱エスジーケイの出資で、深センに現地法人(艾斯吉凱貿易有限公司)を設立。
平成21年リレー製造部門を分社し、㈱エスエヌシーを設立(宮崎県:日南市)。
平成22年艾斯吉凱貿易有限公司を㈱エスジーケイ資本から㈱シンコー精機資本へと振替。
小型リレーの製造を行う、エスエヌシーではISO9001、ISO14001を取得し、高品質な部品製造を行っています。
平成24年億科精密(東莞)有限公司と部品加工業務に於ける業務提携を実施、協力工場化。
ハイブリッド車の駆動用バッテリー放充電用部品の樹脂成形品を生産開始。
LED照明に使用するアルミダイカスト部品の生産増加に伴い、250tアルミダイカスト成形機1台増設。
平成26年医療機器部品の生産増加に伴い、100t樹脂射出成形機3台、空圧タテ型15t樹脂射出成形機2台増設。
園芸用ハサミに使用するアルミダイカスト部品の生産開始。
平成27年自動車ドアミラー樹脂成形部品の生産開始。
国内外でトップレベルの園芸用はさみ関連のダイキャスト部品を製造は、平成26年から現在に至るまで供給を続けており、常に高品質で安定供給を志しています。
平成28年医療機器部品の生産増加に伴い、130t樹脂射出成形機2台増設。
㈱エスエヌシーにJSフォロー出し機【(株)エスジーケイ製作の省力化設備】を新規導入し、生産工程を効率化。
平成29年動物投薬用機器の生産開始。
医療機器部品の生産増加に伴い、130t樹脂射出成形機3台増設。
㈱エスエヌシーにJS接点カシメ外観検査自動機【㈱エスジーケイ製作の省力化設備】を新規導入し、外観検査工程を改善。
平成30年医療機器部品の生産増加に伴い、130t樹脂射出成形機2台増設。
自動車ワイパーに使用するアルミダイカスト部品の生産開始。

令和1年に導入した、アルミ連続溶解炉(上の写真)
令和1年医療機器部品の生産増加に伴い、130t樹脂射出成形機2台増設。
㈱エスエヌシーにJS調度選別機【㈱エスジーケイ製作の省力化設備】を新規導入し、生産工程の効率化と品質改善。
250tアルミダイカスト成形機に、アルミ連続溶解炉を設置。
令和2年㈱エスエヌシーにJS外観検査機【㈱エスジーケイ製作の省力化設備】を新規導入し、生産性を向上。

お客様に満足して頂ける製品を製造するため
更なるサービスの向上を目指しています。

部品の御見積もり、部品のご相談、TEL、FAX、お問い合わせフォームにて受け付けております。