ダイキャスト(鋳造)成形品・樹脂成形品の製造を行っており、多様なお客様とのお取引をさせて頂いております。

グループ沿革

シンコーグループ沿革/世界へ広げる技術 

  • 昭和56年 
    前身である鈴木工業と㈲第一エンジニアリングを統合合併し、株式会社シンコー精機(資本金920万円)を設立。小型継電器(リレー)の組立、自動車電装品の製造開始。
  • 昭和57年 
    ダイキャスト、プラスチックモールド用精密金型の設計、製作を開始。
  • 昭和59年 
    金型部門を分離し㈲シンコーエンジニアリングを設立。
  • 昭和62年 
    精密プレス、精密プラスチックモールド、コイル巻線部門に進出し、小型継電器(リレー)の一貫生産を開始。
  • 昭和63年 
    高度精密機械加工部門を分離し㈲エスジーケイを設立。
  • 平成3年 
    ㈱エスジーケイに社名組織変更。資本金2,000万円。
  • 平成5年 
    ㈱シンコー精機の資本金を6,000万円に増資。
  • 平成10年
    ㈱エスジーケイの自動省力化設備の一貫体制部門を新富工場に設置。
  • 平成12年
    日南市にシンコー精機・日南工場を設置。リレーの生産体制を強化。
  • 平成14年
    ㈱シンコー精機の出資で香港に新科精機有限公司を設立。
  • 平成18年
    医療備品関連の樹脂成形を開始。㈱エスジーケイの出資で、深センに現地法人(艾斯吉凱貿易有限公司)を設立。
  • 平成21年
    リレー製造部門を分社し、㈱エスエヌシーを設立(宮崎県:日南市)。
  • 平成22年
    艾斯吉凱貿易有限公司㈱エスジーケイ資本からシンコー精機資本へと振替。
  • 平成24年
    億科精密(東莞)有限公司と部品加工業務に於ける業務提携を実施、協力工場化。

70%,グループ体系

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional